永代供養の様式

萩の寺境内永代供養墓『吉祥林永代塔』での納骨・永代供養とは…
  • お子様がなく、お墓を守ってくださる後継者のいない方
  • お子様に、お墓参りや回忌供養の面倒をかけたくない方
  • 転勤等で、故郷のお墓との縁がなくなり、新たにやすらぐ場をお探しの方
  • 単身の方で、没後の御自身のお供養でお悩みの方
  • お費用の面で、一軒のお墓を維持することが難しいと思われる方 など

このような方々の安心のために作られた、新しくありながら、しかし、正しさと古き伝統を守り永代に続けられるお供養が、萩の寺の納骨・永代供養です。

最近、一般によく見かける永代供養は、現代の世風を反映し、本当に様々な形式・様式をとるようになってきました。多くの場合、ご遺骨とお位牌を別々に祀る伝統的な供養方法とは異なり、お位牌とご遺骨が同じ建物の中でお祀りされることが通例となってしまっています。

萩の寺の納骨・永代供養は正しい伝統を重んじていますので、古来より続けられてきた伝統的なご先祖供養と同様に、「お骨(おこつ)」は「お墓」に、「お位牌」は「お位牌堂」と、別々の場所でお祀りいたします。つまり、ご遺骨はお墓である吉祥林永代塔に永代に納骨し、お位牌はお位牌堂である東照閣仏舎利殿で永代にお祀りするということです。

その結果、一軒の従来のお墓をお建てになったときと同じように、屋外では永代塔というお墓に手を合わせることができ、屋内ではお位牌堂の中、屋根の下畳の上でお位牌に手を合わせることができるようになります。これは萩の寺納骨・永代供養の大きな特徴と言えるでしょう。

萩の寺は平成12年に〈吉祥林永代塔〉を建立し、スリランカ伝来〈釈迦如来白仏像〉を安置いたしました。そして、有り難くも当時100才を迎えられた、大本山永平寺貫首宮崎奕保大禅師猊下によって入仏落慶していただきました。以来、萩の寺は奈良時代から続く古い名刹としての伝統を大切にしながら、新しい形のお供養である「永代供養」を、心を込めて営ませていただいております。

古来ながらの丁寧なお供養の様式で、大切な方のお供養を永代に続けてまいります。その伝統的な納骨と永代供養による、心からの安寧をお約束いたします。

東照閣仏舎利殿(内部・仏舎利を納めた孔雀宝座)

霊名簿に故人様のお名前を記帳し、金色の永代供養位牌を建て、仏舎利殿にてお供養のお勤めをいたします。お釈迦様のご真骨と共に手厚くお祀りいたします。

仏舎利を納めた孔雀宝座
東照閣仏舎利殿 内部
仏舎利を納めた孔雀宝座
永代祠堂金位牌

故人の霊名は、お位牌に刻字され、東照閣仏舎利殿に安置、お祀りいたします。

永代祠堂金位牌
永代祠堂金位牌
永代祠堂霊名簿

お戒名等は霊名簿に記載され、東光院萩の寺において永代に継承されていきます。

永代祠堂霊名簿
永代祠堂霊名簿
納骨・永代供養のご相談承ります
─萩の寺納骨・永代供養墓「吉祥林永代塔」受付中─
色とりどりの花に囲まれた、納骨・永代供養のお墓です。
奈良時代より続く萩の寺1300年の歴史に培われた、
正式な伝統に則った納骨・永代供養が営まれます。
Tel. 06-6855-7178(納骨・永代供養相談専用)
萩の寺の納骨・永代供養