仏日山吉祥林 東光院 萩の寺

萩の寺について

東光院萩の寺は奈良時代に創建以来、約一三〇〇年の長い歴史を持ち、現在は新西国霊場第十二番札所として宗旨宗派を問わず多くの方々が訪れる、曹洞宗常恒会別格地寺院です。

行基草創以来、境内の随所に萩が植えられ、「萩の寺」として親しまれてきました。今も九月、秋彼岸の頃には、色とりどりの萩の花が咲き誇ります。

国指定重要文化財(旧国宝)降魔座釋尊像やスリランカ国将来の真正仏舎利をはじめ、後醍醐天皇念持仏こより十一面観世音菩薩、徳川家康公念持仏厄除薬師如来、豊臣秀吉公勧請道了大権現ほか、多くのご本尊をまつります。また境内には、正岡子規、高浜虚子などの句碑が建ち並び、北大路魯山人命名の庭園「萩露園」は、大阪府民投票により『大阪みどりの百選』に選定されました。

多くの皆様よりご希望を頂き、只今境内の様子などを、積極的にSNSで発信しております。写真やメッセージが皆様の楽しみ、元気や安心に繋がればと願っております。是非ともご覧いただき「フォロー」や「いいね!」していただけると幸いに存じ上げます。

お知らせ

過去のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止への配慮から、山内では、マスク着用、手指の消毒などをお願いいたしております。ご理解ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
※状況により予定が変わる場合があります。行事へのご参加については予めお問い合わせください。
10月1日(土)
火神商神・道了大権現お一日参り(午前10時受付~正午)
豊臣秀吉公勧請・【火神商神】道了大権現御宝前にて、火盗厄除、商売繁盛、鉄道・航空交通安全をはじめ、家内安全、身体健全、心願成就など、それぞれ皆様にお申し込みいただく様々なご祈願をいたします。初めてご参加をご希望の方はお問い合わせ下さい。
10月7日(金)・8日(土)
【全日本仏教徒会議とは】
(公財)全日本仏教会は105団体(令和3年6月時点)が加盟する日本の伝統仏教界唯一の連合組織です。第1回の全日本仏教徒会議は昭和28年8月に高野山で開催されました。第2回からは全日本仏教会と同会加盟団体との共催により開催されてきました。これまで45回を数える会議において様々なテーマについて議論を重ね仏教徒の立場から提言や宣言を発表しています。
10月17日(月)〜20日(木)
第30回世界仏教徒連盟(WFB)
第21回世界仏教徒青年連盟(WFBY)世界大会
【WFB・WFBY世界大会とは】
世界の仏教徒が交流友好親善をはかるとともに、仏陀の嵩高な教義の普及と世界平和への貢献することを目的に、1950年に世界仏教徒連盟(WFB)が、1972年に世界仏教徒青年連盟(WFBY)が設立されました。現在、ともに本部をタイのバンコク市に置き、大乗・上座部等の違いを超え、世界各国の170以上の地域センターが加盟しています。設立以来、連盟最高の議決機関である世界仏教徒会議(世界大会)が2年に一度開催され、各種委員会の活動報告がされるとともに、組織改編や将来の活動計画が決定されています。
10月24日(月)
秘仏・あごなし地蔵尊ご縁日(午前10時〜正午)
50年に一度ご開帳の秘仏、隠岐の島伝来・あごなし(阿古直し)地蔵菩薩御宝前にて、お地蔵さまゆかりのお供養、ご祈願をお勤めいたします。
また、スリランカ将来・仏舎利の御宝前にて当山永代供養お申し込みの皆様をはじめ、他一般の皆様の各種先祖供養をお勤めいたします。初めてのご参加をご希望の方はお問い合わせ下さい。
10月29日(土)
参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。
10月29日(土)
Zoomでの開催予定です。参加ご希望の方はお問い合わせください。
※各行事の初めてのお申し込みにつきましては、お問い合わせフォームや萩の寺総務直通電話(06-6855-7178)にて、一度お寺までご連絡、お問い合わせください。
  • 永代納骨供養のご案内
  • 永代水子供養のご案内
TOP