寺宝

山水図

紙本墨画淡彩 江戸時代 風外本高画
「歳次辛亥冬日、写于龍鴻山尽禅窟」。
賛「林際苔対翠色平、老松樹下招茶烹(後略)」

風外本高(1779〜1847年)は、安永8年伊勢に生まれ。三河香積寺、摂津円通院に住持しました。大いに寺門をおこし、また画僧月や池大雅の影響を受けて画をよくして、弘化4年(1847)6月22日、浪華の豪商川勝氏の別荘であった烏鵲楼にて69歳で示寂しました。落款の筆形から「たこ風外」として著名です。

山水図(紙本墨画淡彩)
山水図