寺宝

乾闥婆神王(けんだっばじんのう)

本来は音楽の神として楽器を奏し、八部衆のひとつに加えられますが、主として胎児や子供の息災を護る役目をします。獅子冠をつけ三叉戟を持っています。

わが国には彫像としての作例が少なく、非常に貴重なものです。

乾闥婆神王像
乾闥婆神王像